2012年6月

事務所の移転・開設ができました

皆様のご協力で、すがや俊一事務所はこのたび移転・開設をすることができました。

これまでの事務所へのご協力、移転にあたってのご協力に感謝申し上げます。

改装・引っ越しもひと段落しました。

7月1日(日)午後2時から、新事務所で、ささやかですがお披露目の事務所開きを行います。

お気軽にお立ち寄りください。

 

新事務所=大島5-48-10(サイゼリヤの裏側です)
20120701事務所開き.pdf


無料法律相談のご案内

【今月から新事務所です】

6月28日(木)午後7時~8時半

場所=すがや俊一事務所

(大島5-48-10、電話・ファクス3683-0745)

 

弁護士も同席して、法律にかかわる専門的なアドバイスもできます。

無料です。お気軽にご相談ください。(もちろんプライバシーは厳守いたします)

 

毎月第4木曜に開催しています(都合により前後することもあります)。相談会以外でも、随時、ご相談に応じています。

 

【新事務所】

地図.jpg

 

 

 

 






大島5丁目のサイゼリヤ裏側です


 


提言ダイジェスト版をお配りしています

消費税に頼らない、社会保障充実、財政再建の道を示した日本共産党の提言ですが、読みやすいダイジェスト版ができ、駅頭や地域などでお配りしています。

いま民主、自民、公明による増税談合が強行されようとしています。先日の駅頭宣伝でもお配りしましたが、受け取りはよく、関心の高さを感じています。

今回の3党「合意」は、3年前、国民が政治を変えてほしいと、政権交代に託した願いを、すべて投げ捨てるものになってしまいました。

しかし、国民の願いは今も変わっていません。

日本共産党は政治のどこが問題で、ここを変えるというしっかりした立場と方針をもっています。今回の提言も、数年の検討を重ね、さらに震災をうけた再検討までして、練り上げたものです。

志位さんは「自分が首相になった時に困らないように、細部まで詰めて提案したもの」と語っていました。経済学者の山家悠紀夫さんから「無理のない、現実的な内容だ」との評価をいただいています。

消費税増税と社会保障改悪で20兆円の負担増をかぶせる今回の「一体改革」。廃案へ頑張るとともに、提言で示した展望を広げ、新しい政治をおこしていきたい。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0