女川町と宮古市の災害廃棄物の放射能測定や選別作業などを視察

(2011.12.20)

DSC05803.JPG2011-12-15_145842(1).jpg2011-12-15_144743(1).jpg 

 

2011-12-15_143914(2).jpg 日本共産党江東区議団と畔上三和子都議は、12月15日~16日、宮城県女川町と岩手県宮古市を訪問し、東京23区の清掃工場に運び込まれるガレキの処理、積み出し、放射能測定などを視察しました。

 女川町は1万人の人口に対し、800人が死亡し、8割の住宅が破壊されたそうです。ガレキ処理は、津波で流された石浜の日本水産(株)跡地で、選別、破砕、放射能測定、コンテナへの積み出し作業が行われていました。

 ガレキは、ベルトコンベアーで人の手で何種類にも選別されています。木材関係のガレキは、細かく機械で破砕し、放射能検査をした後、コンテナに積まれ再度放射能検査をして東京へ運ばれます。放射能の測定値は、心配するほどでなくひとまず安心しました。

 岩手県宮古市でも、機械や手作業でガレキを仕分けし放射能検査をやっていますが比較的低い値でした。

 

 

関連記事

  1. 風力発電・太陽光発電・バイオマス発電の町、岩手県葛巻町を視察
  2. 微量PCBの処理施設を視察
  3. 南砂出張所・区民館・保育園の竣工視察
  4. 浦安市の公園墓地を視察
  5. 豊洲新市場予定地の汚染物質処理実験を視察

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 女川町と宮古市の災害廃棄物の放射能測定や選別作業などを視察

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.jcp-koto.com/mt-tb.cgi/206

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0