2013年11月

日の丸に礼を強要!内心の自由・思想信条の自由を認めない暴挙

「国旗に礼をしない・国歌を斉唱しない議員は、議長代理として卒業式に参加させない」と自・公・民・みんなの党などオール与党は、共産党の反対・抗議を押し切って11月25日、強行しました。

小中学校の卒業式は、これまで議会の代表として各会派が話し合って、一議員・一学校に参加して議長の祝辞を代読してきました。議長の祝辞の内容も、各党が意見を出し合い決めてきました。

しかし来年3月の卒業式に星野議長(自民)は突然、幹事長会に「議長の代理として参加しているのだから、私の意向に沿って国旗に礼をしない議員は、議長代理として認めない」と言いだし、オール与党も「議長の代理だから当然」と、共産党を排除する暴挙を強行しました。

共産党区議団は、これまで学校の壇上で議長の祝辞を代読していましたが、日の丸に頭を下げるようなことはしてきませんでした。今回の措置に対し、共産党区議団は、「内心の自由、思想信条の自由に反する憲法違反だ」と反論し、秘密保護法や改憲の動きと一体としてとらえ、民主団体や区民に抗議と闘いを呼びかけています。

 


団地の防災訓練に参加

11月17日、私の住んでいる南砂住宅一号棟の防災訓練に参加しました。災害協力隊の指示のもとで、消火訓練、救命救出用具の取り扱いやスタンドパイプ消火栓とホースの接続、炊き出しなどを行いました。3.11の東日本大震災から防災意識も高まり、参加者も増えています。訓練を通して住民同士の交流やつながりも広がります。

P1020564.JPGP1020572.JPG


江東区内消防団点検に参加しました

P1020536.JPGP1020545.JPG

 

 11月10日、木場公園で江東区内消防団点検に私も来賓で参加しました。

城東消防団281名、深川消防団274名が参加し、消防操法、救助救急訓練、消火訓練などなどが行われました。

団員は、規律厳正で日頃の訓練を遺憾なく発揮し見学者や来賓から大きな拍手が送られてたいました。仕事のかたわらボランティアで活動し、まちの安全を守るため頑張っていることに心から敬意を表します。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0