2010年12月

築地市場の豊洲移転に反対・現在地での再整備を求める署名活動

DSC_0011.JPGDSC_0001.JPG築地市場の豊洲移転を撤回し、現在地での再整備を求めて12月10日、共産党区議団と党地区委員会、地域の党支部は昼休みの東陽町駅前で署名活動を行いました。

 30分間の短い時間でしたが、「今の築地でなければダメだ」と署名してくれる労働者や高校生、主婦など次々と署名に応じてくれました。

 共産党区議団が行った区民アンケートでも築地市場の豊洲移転に反対は50.7%、賛成は19.3%、どちらとも言えないは29.9%と移転反対が過半数を占めています。

 豊洲の東京ガス跡地は、発がん性物質のベンゼンが環境基準の4万3千倍、シアン化合物、ヒ素、鉛などが検出され魚や野菜を扱うような場所ではありません。

 都の土壌汚染調査や地下水調査も極めて不十分で市場関係者や環境学会、都民から批判の声が高まっています。

 共産党都議団や区議団は区民、都民と共に食の安全を守るため、豊洲への移転撤回と現在地での再整備を求めて運動を強めていきます。


「空が広くなった」深川第八中学校前の歩道橋撤去

2009_1122_103335-P1020497.JPGP1000663.JPG塩浜二丁目の深川第八中学校前の歩道橋(写真左)が11月に撤去され、いま信号機と横断歩道の設置工事が行われています。

住民と共に深川警察や江東区への要請、署名運動など4年がかりの粘り強い活動が実りました。

歩道橋が撤去された後は、空が広くなり、青空もスッキリと輝き(写真右)、すがすがしい気持ちになります。

信号機や横断歩道の設置工事が完了するのは、2011年1月26日の予定です。一日も早い安全な横断歩道の完成を期待しています。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0