2010年11月

江東区議会・建設委員会が東京都の下水道局、建設局、港湾局に要請

IMG_4830.JPG 江東区議会の建設委員会(委員長・斉藤信行)は、11月17日東京都の下水道局、建設局、港湾局の3局に江東区内の下水道整備や小名木川、横十間川、北十間川の河川整備や急こう配の橋梁の解消など求めて要請しました(写真は下水道局に要請、右から3人目が私)。

 下水道局では、江東幹線、江東ポンプ場の早期整備と集中豪雨による浸水被害をなくすため、雨水対策を求めました。江東区は、9月8日の台風9号で15ヶ所の浸水被害が出ています。

 建設局では、小名木川や横十間川、北十間川の景観整備を進めて遊歩道の早期解放を求めました。また首都直下型地震に耐える耐震護岸の整備促進などを求めました。更に都道の改修、補修と豊住橋、丸八橋、番所橋などの急こう配の解消、道路の無電柱化の促進を求めました。都は、「豊住橋は、下が区の公園なので、区と調整中」と答えました。

 港湾局では、内部護岸の未整備部分の新設及び耐震補強の推進、また河川の親水性や景観の創出を求めました。

 各局では、30分程度の時間しか取れず、お互いの挨拶や要請文の説明、都各局の取り組み状況の説明などで時間が取られ、一問一答の時間が十分に取れなかったことが残念でした。

 


2011年度予算要望書を区長に提出

DSC_0014.JPG 11月9日、共産党江東区議団は区長に2011年度予算要望書を提出しました(左写真)。区内の各団体や区民アンケートなどから寄せられた区民の声を435項目にまとめ提出したものです。

主な内容は

○認可保育園を増設し待機児をなくすこと。○特養ホームを増設すること。○介護保険料、利用料を減免を拡充すること。○就学援助費を増額すること。○ケア付き高齢者住宅や公営住宅を建設すること。東陽町駅から豊洲駅~有明ガン研病院行きの都バスの運行を都に求めること。○築地市場の受け入れを撤回し現在地での再整備を都に求めること。○公共建築物の耐震補強工事を前倒しして完了させること。○中小企業予算を増額し施策を拡充することなど435項目にわたっています。

 区長は、「参考にさせて頂きます」「中小企業予算が少ない」などわが党が指摘してきたことを認める発言もありました。


区民アンケートへのご協力ありがとうございます

 P1000511.JPG共産党江東区議団が行っている区民アンケートの回答が11月2日現在まで、1.377通(写真)が郵送で届けられています。現在でも毎日届けられています。

 アンケートは、9月30日の6大紙の朝刊に折り込み、その他、各区議地域に6.000部づつ部分的に全戸配布したものです。アンケートには、医療、介護など切実な問題や共産党に対するご意見など、ビッシリと書かれているのが特徴的です。

 出されている意見の一部を紹介します。

「私たちの意見が聞いてもらえてうれしいです」「食料品だけでも消費税をなくしてほしい」「病院の差額ベッドが高すぎる」「デイサービスを利用する回数が多いほど自己負担が増える、自己負担を少なくしてほしい」「ガン医療費の補助をお願いしたい、医療費が高くて払いきれない」「東陽町駅東口、始発から使用できるようにしてほしい。

 築地市場移転問題では

 回答の半数以上が豊洲移転に反対しています。「築地の歴史的価値、拡げなくても流通上困らない観光資源にもなっている」「跡地の有効利用のため移ったほうがいいのかも、反対なのは土壌汚染があるからです」「食べ物をあつかう所なので土壌汚染への移転は止めてください」。

 共産党への意見は

「小池さんに捲土重来を期してほしい」「共産党は一貫して日本共産党で非常にわかりやすい」「共産党でなく革新党に変えるべき」「名前で損していると思う、公募で党名変更を」など様々な意見が寄せられています。

 現在、集約中でありますが共産党の区議団ニュースで定例会の報告と合わせて掲載し、報告したいと思います。11月中旬頃の6大紙の朝刊と新聞赤旗などに折り込みたいと思います。また全戸配布した地域にも全戸配布で返したいと思います。アンケートの回答やご意見で、すぐ対応すべきものは対応します。更に今後の区政に生かすものは生かしてまいります。

 



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0