2010年8月

浦安市の公園墓地を視察

P1000346.JPGP1000349.JPG  8月9日、浦安市の公園墓地を視察してきました。私は、公営墓地建設の必要性について6月9日の区議会本会議で取り上げました。

 浦安市の公園墓地を参考に、江東区も「海の見える緑豊かな公園墓地」を検討すべきと質問しました。 「墓がない」「墓がもてない」など、遺骨を自宅で保管せざるを得ない人が増加しています。

 浦安市は、平成4年から公園墓地の造成をはじめ、133.000㎡(4万坪)の土地に14.000基の墓所を市民に提供しています。現在も造成中でブルドーザーが土地をならしていました。

 緑の木々に囲まれ、芝生の中の墓所は1基3㎡で使用料は、1墓所につき30年間で45万円、年間管理料は1墓所、年間5.350円となっています。

 お参りに来ていた遺族の方は、「墓の中に8つの骨壷が納められるようになっているが、まだ妻の分だけで今後、私や家族の遺骨も納められます」と話していました。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0