2010年5月

下請・中小企業懇談会に参加

2010_0526_183649-P1000209.JPG 5月26日、大田区産業プラザで「日本の宝」町工場の灯を消すな! 下請・中小企業懇談会が開かれ私も参加ました(写真)。

 懇談会は、日本共産党の主催で開かれ、中小企業関係者など350人が参加し、小池晃参議院議員が司会。志位和夫委員長が報告し、大田工業連合会・会長や大田区産業振興協会・専務理事および不況打開大田実行委員会・幹事などが発言しました。

 会場の参加者からも6人が発言し、「リーマンショック以降、仕事が0~3割に激減している」「後継者がいない」など深刻な現状が出されました。また「新しい仕事を作り出す努力をしている」「製品開発型の企業をめざそう」「中小企業は地域社会を支えている」「日本の技術力の高さを世界に生かすことが大事」などの発言がありました。

 私も参加して、中小企業の活性化なくして日本経済の発展はないと実感。また大企業の下請けいじめや労働者への賃金切り下げなどの横暴を許さず「ルールある経済社会」の構築が必要と実感しました。


豊洲新市場予定地の汚染物質処理実験を視察

 P1000193.JPG 5月14日、区議会の清掃港湾・臨海部対策特別委員会は、豊洲の新市場予定地の汚染物質処理実験を視察しました。当日、都の職員が実験場所を案内し、処理方法などについて説明。

 3箇所の実験場所を視察しました。①掘削微生物処理(5街区)。②原位置微生物処理(7街区)。③地下水浄化処理(7街区)。

ベンゼンの処理実験だけでも大がかりな施設を必要としています。実際の汚染処理を実施した場合、莫大な費用と月日が必要となり、しかも汚染が完全に安心できるまで処理できるのか多くの疑問が゛出されています。

 不透水層下まで地下水が汚染されていると指摘され、市場関係者や科学者から調査を求められているにも拘わらず都は拒み続けています。

実験を視察し、改めて魚や野菜の食品を取り扱う場所にふさわしくないと実感しました。築地市場は、現在地で再整備をやるべきです。P1000182.JPG

P1000188.JPGP1000187.JPG


第81回中央メーデーに参加

 P1000160.JPGP1000169.JPG5月1日、五月晴れのもと第81回中央メーデーが代々木公園で3万2千人の参加で開催されました。

 なくせ!失業と貧困 大企業は内部留保を還元せよ 憲法改悪反対 核兵器NO 普天間基地撤去などのスローガンで集会とデモ行進が行われました。

 共産党江東区議団も参加(写真右)し恵比寿駅までのデモ行進で沿道の人たちに訴えて歩きました。

 

 



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0