2010年3月

3.12重税反対区民集会

3・12重税反対、統一申告 019.jpg 3月12日、「重税反対区民集会」が江東区総合区民センターで開かれ、共産党江東区議団を代表して挨拶をしました。

 集会後、参加者はデモ行進をしながら区内の東税務署と西税務署へ分かれて納税申告書の提出に出かけました。3・12重税反対、統一申告 059.jpg

 民主党政権の各閣僚から消費税増税が叫ばれ、また子ども手当ての財源に配偶者控除の廃止など、増税が計画されているなかで「増税反対」のシュプレヒコールが街中にこだましていました。

築地市場は現在地で再整備は可能

P1010292.JPG 3月3日の区議会予算委員会で、斉藤信行議員は、築地市場(写真)の豊洲移転問題を取り上げ、豊洲の東京ガス跡地の土壌汚染対策は、科学者や築地市場関係者から「安全が確保できない」と指摘されている。地下水の汚染や土壌汚染の調査が不十分だと具体的問題を取り上げ、区長は安全が十分に確保されると思っているのかと迫りました。湾臨海部対策担当課長は、「都の専門家会議で対策が示されたもので安全性は担保されていると思う」などと答弁。

 更に斉藤区議は、「21世紀築地プロジェクトチーム」が2月18日発表した「現在地での築地再整備計画案」を紹介し、現在地での再整備は十分可能ではないか。現在地での再整備の立場に立って食の安全を守るべきだと求めました。区長は、「私も再整備計画を取り寄せて見たが絶対に出来ない」などと、何の根拠も示さず豊洲への移転計画に固執しています。


予算委員会でこなものを質問しました

斉藤02_edit.JPG江東区議会の予算委員会は、3月1日から3月8日まで開かれました。

 共産党区議団は、区民要求実現のため各議員が分担して各款について質問・論戦しました。私の質問は以下の内容です。

◎21年度の都区財政調整交付金が732億円も減収している。都区協議会で23区の減額になる算定見直しを都に提案しているのはスジ違いではないか。

◎経済・景気対策かだ。内需の拡大、そのための賃上げ、社会保障の充実、中小企業振興などが必要、国に求めよ。

◎区内の事務所ビル増加で街が一変している。昼間人口が49万人と夜間人口と逆転し、朝のラッシュ時は駅や区道が人であふれる状態となっている。駅ホームや区道の拡幅、災害時の帰宅困難者対策、車の増加など発生する諸問題を解決するため、各課の総合的な連携が必要ではないか。

◎学校選択制は大規模校と小規模校など学校間格差をつくる。廃止を含めた抜本的見直しをすき。

 

 



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0