豊洲新市場の工事費は膨らむ一方、移転希望業者が減少

(2014.10.16)

P1000191.JPG 10月15日、区議会の清掃港湾・臨海部対策特別委員会が開かれ、都の中央卸売市場の部課長などが出席し、新市場(工事中の写真)の進捗状況についての報告がありました。

 都は「新市場整備は着々と進めている」「土壌汚染対策も概ね終了している」「工事も順調に進んでる」と報告がありました。私は、建設費問題を取り上げ以下の内容を主張しました。

 ①土壌汚染もさることながら、建設費がドンドン膨らんで財政を圧迫している。1回目の入札628億円が不調になり、2回目が1.035億円(65%増)と異常な高さになった。

②更に売場棟の基礎工事、連絡通路など追加で59億円もかかっている。膨らんだ経費をどう捻出するのか。市場会計の重荷になり、移転する業者の施設使用料の高騰にはね返るのではないかとただしました。

③水産仲卸業者の組合が行ったアンケートでは、全体の2割、100の業者が「移転しないと」と回答。「経営状況が悪い」「移転費用が重い」「借金を抱えこれ以上の融資は受けられない」と廃業する言っている。これが市場関係者のためになるのかと、都の認識を問いました。

④水産物の取扱量が年々、減っている。スーパーなどが産地から直接仕入れる。市場外取引が増え続けている。膨大なお金をかけて新市場をつくっても取引量が減って行く。今後、どう予測しているのかと問いました。

⑤工事費も今後、追加工事や物価高騰などで更に膨らむ可能性がある。どう考えているのかと問いました。
 都はどの問題でも、まともな答弁ができず、今後も工事費が膨らむ事は認めました。現地での再整備こそ最善の道ではないでしょうか。

東京都の第八次港湾改定計画は「過大な計画」と環境破壊

(2014.08.29)

8月28日、東京都の第八次港湾改定計画(案)に基づき、東京都と江東区の「都区協議会」が開かれました。「港湾改定計画」は、10年に1回程度に改定され、今後の貿易量、コンテナ量などを予測し港湾ふ頭の強化や新設など計画を協議するものです。

私は、次のような質疑と意見を述べました。
 
①第八次港湾改定計画は、経済見通しを輸入、輸出とも右肩上がりで伸びて、大型貨物船の大水深バースの増設や建設、パース背後の土地利用の拡大強化など大型公共工事となっている。しかし消費税増税など国内消費が落ち込み、今後も国内消費は可処分所得の減少など、回復する見通しが暗い。輸出も生産拠点の海外移転で、「増える見込みがない」と専門家からも指摘されている。経済の右肩上がりを前提にした「改定計画」は過大な計画と言わざるを得ない。

②「国際競争力の強化」を謳い、東京港をはじめ横浜港、川崎港の三港連携で物流機能の強化をめざし、「西日本や東海地方の国内諸港からの貨物集約を強化する」としているが、都心への一極集中をいっそう加速させるものとなっている。過度の集中は、輸送車両の増加や道路網の建設、環境問題など様々な問題が発生する。均衡ある国土の発展と国民生活向上に寄与する内容に見直すべき。

③第八次港湾改定計画に要する費用はいくらになるのか。財政計画が示されていない。多額な税金を投入することになる。都民に財政計画を示して意見を聞くべきだ。

④この計画が実施されると交通量が激増することは必至。今でもコンテナ運送車両の渋滞や台切りシャッシーの道路上の放置は無法状態で危険となっている。特にフェリーふ頭の埋立地10号その2の西側道路は最悪。道路に白線を引き台切りシャッシー置場にしているが、違法駐車と重なって一車線の対面通行となっている。重大事故が起きる前に対策を立てるべきだ。

⑤若洲の木材埠頭の護岸を29haを沖に埋立て、2バースのコンテナふ頭と1バースの木材埠頭を建設する計画になっているが、若洲は海浜公園でキャンプ場、海釣り場、サイクリングコースやゴルフ場などある。この埋立でコンテナ量が激増すればトラックの輸送の激増など環境は激変する。埋立でなく現在の施設を改良するなど、最小限にとどめるべき。

⑥夢の島野球場は、オリンピックの馬術場になるため、軟式野球8面、少年野球場4面がなくなる。また荒川の河口の砂町運河に架かる都道補助144号線の建設で江東区と千代田区の少年野球場もなくなる。代替地を求めているが、いまだにハッキリしない。早急に代替地を明らかにすべき。
以上の点について都にただしました。しかし都は、どの問題でも納得行く答弁はせず、共産党区議団は第八次港湾改定計画に反対しました。江東区議会としては、若洲の木材埠頭の「15号地の埋立を除き大枠了承」とまとめました。共産党は、このまとめに反対しました。

区議会本会議で質問

(2014.06.25)

                     6月12日、江東区議会の本会議で大綱三点について質問しました。質問と答弁は、録画で江東区議会                     のホームページでみられます。
切り出し1.bmp

一、地方自治体をめぐる状況とその役割について。
(1)法人住民税について。(2)道州制について。(3)「行革」の民間委託について。(4)公共サービスについ   て。(5)公契約条例について。(6)窓口業務の民間委託について。(7)矛盾が広がる「行革」について。

二、労働法の改悪について。
(1)労働者派遣法について。(2)区役所内の長時間労働とサービス残業について。(3)「残業代ゼロ」など   労働法改悪について。

三、教育問題について。
(1)教育委員会制度の改変について。(2)教科書選定について。(3)全国学力テストついて。

江東区南砂住宅で防災訓練

(2014.04.13)

P1000251.JPG
江東区南砂住宅で自治会の防災訓練があり、1住民として参加しました。
1号棟から7号棟の老若男女370人が参加し、消防署の説明を受けながら起震車や煙のトンネル、消火訓練、心臓マッサージなどを体験しました。団地災害協力隊が住民を誘導し、スムーズに行われました。
いざ災害になると普段からの訓練と住民同士のつながりが大切です。

花見をしながら都区政報告会

(2014.04.05)

P1000231.JPG
4月6日、朝の曇り空も晴れ上がり日本共産党東陽南地域後援会主催の花見を兼ねた都区政報告会が健康センター横の桜並木の下でありました。
畔上都議も参加し、舛添都新知事のもとでの共産党都議団の活動を報告し、私は区議会報告と安部政権の消費税増税、原発再稼働、集団的自衛権行使容認などの危険な暴走政治をストップさせることなどを訴えました。
「消費税が上がってお金が足りなくなって買わずに帰って来た」「孤独死をなくすため江東区はどんなことをやっているのか」などの質問も出され、一人ひとりの思いが語られました。

江東区「湾岸サテライト ナーサリースクール」の開所式

(2014.03.28)

P1000221.JPG 28日、「江東区・湾岸サテライト ナーサリースクール」の開所式がありました。
これは、保育園の待機児解消のため江東区の臨海部・有明地域にオフィスビルの空きフロアーを区が借り上げ、認可保育園に改装して社会福祉法人に運営を委託するものです。
ゼロ歳児・6人、2歳児・51人、3歳児・51人、4歳児・52人、5歳児・52人の定員222人となっています。
この場所は、居住地域から遠く、父母は豊洲の分園(定員・ゼロ歳児9人、1歳児40人)に一旦、子どもをあずけ、送迎バスで有明の本園まで送り迎えするものです。
 共産党区議団は、待機児解消のため一時的にやむを得ないが、恒久的にすべきでない。
父母が送り迎えできる居住地域に認可保育園を建設すべきと主張しています。

共産党区議団が予算修正案を提出

(2014.03.27)

P1020709.JPG 3月28日、江東区議会最終本会議に共産党区議団は、区長提出の26年度一般会計予算案に対して予算修正案を提出します。
 今日の議会運営委員会で、共産党区議団から提案理由の説明があり、質疑が行われました。
修正案の主な内容は、区長提出予算より約1%の16億9千9百万円余の増額予算となっています。
 財源は、財政調整基金から13億円余を繰り出し、マンション建設に伴う寄付金を当初予算に計上し、副区長二人を一人に削減、区長、議長の交際費の3割削減、同和予算の全額廃止などを行いました。
 歳出は、新たに難病患者への福祉タクシー券の支給、要介護4と5の人に重度介護手当の支給。特養ホームと認可保育園の増設のための土地取得調査費を計上。生活保護のケースワーカーの18人増員、保育園給食調理と千田福祉会館の民間委託の取りやめ、地下鉄8号線建設基金積立5億円のとりやめなです。
自・公・民・みんななどオール与党は「賛成できない」などと、明日の本会議で反対すると意見を述べました。
たとえ否決されても修正案は、区民の切実な要求が盛り込まれており、今までも多くのことが実現してきまた。

区民に冷たく、自治体の役割縮小の区予算案

(2014.02.18)

 P1020687.JPG江東区議会・第一回定例会が2月19日から38日間の会期で開かれます。区の来年度予算を決める議会でもあります。

 区の来年度予算案は、一般会計で1千7百43億円余、前年比5.6%増の予算案です。

 共産党区議団が要求していた認可保育園の増設、特養老人ホームの増設、木造密集地不燃化促進、スクールカウンセラーの追加配置、「避難行動要支援者名簿「作成などが盛り込まれています。

一方、4月から消費税が増税されるにも拘わらず、中小企業支援や高齢者施策が不十分で、国民健康保険料や後期高齢者医療保険料の値上げ、滞納の徴収強化、保育園給食調理や学校用務、警備の民間委託、人口増に伴う行政需要が増大しているのに職員を削減し続けています。総じて「区民に冷たく、自治体の役割を縮小・削減」する予算案となっています。

共産党区議団は、本会議質問や予算委員会で区民要求実現に全力を上げます。

都知事は宇都宮けんじさんに

(2014.01.22)

P1000025.JPG都知事選が23日告示、2月9日投票日。都知事にだれがなるかによって23区の行政や区民のくらしにも大きな影響を与えます。

①原発再稼働・原発輸出を認めず、原発のない社会と経済をめざす。

②安部政権の暴走政治を東京からストップさせる。

③働きやすく、くらしやすい希望のまち東京をつくる。

④防災・減災のまち東京をつくる。

⑤教育現場への押し付けをなくし、いじめのない、子どもたちが生き生きと学べる学校づくりなどを訴えている宇都宮けんじさんこそ都民の願いを託せる人です。

みんなで力を合わせて都知事へ押し上げるため頑張りましょうと私も訴えています。

日の丸に礼を強要!内心の自由・思想信条の自由を認めない暴挙

(2013.11.27)

「国旗に礼をしない・国歌を斉唱しない議員は、議長代理として卒業式に参加させない」と自・公・民・みんなの党などオール与党は、共産党の反対・抗議を押し切って11月25日、強行しました。

小中学校の卒業式は、これまで議会の代表として各会派が話し合って、一議員・一学校に参加して議長の祝辞を代読してきました。議長の祝辞の内容も、各党が意見を出し合い決めてきました。

しかし来年3月の卒業式に星野議長(自民)は突然、幹事長会に「議長の代理として参加しているのだから、私の意向に沿って国旗に礼をしない議員は、議長代理として認めない」と言いだし、オール与党も「議長の代理だから当然」と、共産党を排除する暴挙を強行しました。

共産党区議団は、これまで学校の壇上で議長の祝辞を代読していましたが、日の丸に頭を下げるようなことはしてきませんでした。今回の措置に対し、共産党区議団は、「内心の自由、思想信条の自由に反する憲法違反だ」と反論し、秘密保護法や改憲の動きと一体としてとらえ、民主団体や区民に抗議と闘いを呼びかけています。

 

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0