熱中症対策で江東区長に申し入れを行いました

(2018.08.07)

熱中症対策申し入れ.jpg今年は、気象庁が「命に関わる災害級の猛暑」と述べるように、連日の暑さによって熱中症の深刻な被害が広がっています。

江東区内でも、屋外で作業にあたっていたシルバー人材派遣センターの会員3名や体育館で部活動に励んでいた生徒を含め、現在では218名が熱中症対策によって医療機関に救急搬送されています。

気象庁などは積極的なクーラーの使用を呼びかけていますが、熱中症で死亡された方の中には、クーラーそのものを持っていないという方もいました。

経済的理由からクーラーの設置ができなかったり、電気代の心配からクーラーの使用を控えるなどは、命にも関わる問題で、行政としても対応が求められていることから、以下の5点について江東区長に対して申し入れを行いました。

(申しれ項目)

1. 暑さ指数計(熱中症計)を小中学校、幼稚園、保育園、福祉施設等への設置を支援すること。生活保護世帯には、配布するなど、普及を進めること。
2. 防災行政無線放送等を活用して熱中症注意報・警報の周知を図ること。
3. 区内小・中学校の体育館等にクーラーを設置する計画を立て、速やかに設置すること。
4. 国の通知により、生活保護受給者に対し保護開始時や転居の場合などに一時扶助によるクーラーの購入・設置を行えるようになりましたが、それ以外の生活保護受給世帯にも対象を拡大するよう国に対して求めるとともに、国が対象とするまでの間、区として支援を行うこと。また、夏季の冷房利用にともなう電気代相当額を支援すること。
5. クーラー未設置の低所得世帯へ設置補助を行うとともに、夏季の冷房利用にともなう電気代相当額を助成すること。



関連記事

  1. 江東区の障害者雇用率について
  2. 胃ガン健診に胃カメラの導入を!〜予算委員会で質問
  3. いま、日本の医療保険・介護保険制度が危ない!〜江東社保学校
  4. 敬老のつどいに参加
  5. 本会議質問を行いました(戦争法案、医療保険制度、昭和大学豊洲病院、教育)
  6. 第20回花咲デモ
  7. 医療保険制度改革法案についての学習会
  8. 豊洲シビックセンターの駐車場は無料に!
  9. 敬老の集いに参加 江東の100歳以上は106名!
  10. 昭和大学豊洲クリニックの再開は秋にずれ込む
  11. 昭和大学豊洲クリニックが8月に再開予定に
  12. 介護保険はどうかわるのか? 江東区社会保障推進協議会が学習会
  13. 昭和大学江東豊洲病院に今まで通り通院できるよう要請を  予算審査特別委員会の質疑より②
  14. 昭和大学江東豊洲病院の竣工視察を行いました
  15. 「高齢者入院見舞金支給条例」を議員提案
  16. 長生きしてよかったと思える社会に 社会保障制度の改悪ストップを!
  17. 誰もが安心して受けられる介護保険制度に
  18. これ以上の国民健康保険料の値上げは、滞納者を増やすだけ
  19. 豊洲昭和大学病院の移転新設計画
  20. 後期高齢者医療制度は廃止を!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 熱中症対策で江東区長に申し入れを行いました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.jcp-koto.com/mt-tb.cgi/620

コメントをどうぞ






TOPPAGE TOP 
RSS2.0