2013年9月

待機児解消は認可保育園の抜本的増設で

江東区は、9月13日に開催された区議会厚生委員会で、深刻な保育園の待機児童問題を解消するため緊急対策を実施することを明らかにしました。

待機児童数は1338人

今年4月時点で、認可保育園を希望しても入れなかった待機児童の数は、1338人にも及んでいます。(認証保育所などどの保育室にも入れなかった人数は416人)で、昨年と比べて300人余(同163人)も増加しています。

平成26年4月までに1200人分を整備 

緊急対策では、平成26年4月までに、待機児童の大半を占める0歳から2歳までの定員で600人、幼児で600人、合計1200人分の保育室を整備する予定です。施設別の内訳では、認可保育園で650人、サテライトステーション保育園で250人、認証保育所や小規模保育で200人、既存施設の定員増で100人となっています。

新たに「サテライト保育事業」実施

区が緊急対策の中で、「(仮称)江東区サテライト保育事業」の実施を打ち出しました。

このサテライト保育事業は、豊洲5丁目にサテライト(分園)を設置し、0歳、1歳児については分園で預かり、2~5歳児は、有明フロンティアビルに設置する本園にバスで送迎し、保育を行うというものです。
分園では乳児を中心として50人程度、本園では幼児を中心に200人程度の保育を行います。

サテライト保育事業の本園は、有明フロンティアビルの3階に整備されます。そのめ、200人もの子どもを受け入れるのに、保育施設内には子どもたちが自由に、安全に遊べる庭がありません。
 
また、子どもたちの健やかな成長を図るために、家庭や保育園での様子などを保護者と担任の先生が共有することが大事です。そのためには連絡帳のやり取りだけではなく、直接、コミュニケーションを図ることも必要ですが、送迎保育では担任の先生と直接話ができる時間がきちんと保証されるのか疑問です。
 
本来であれは、自宅の近くに、園庭もある認可保育園を整備することが、子どもたちにとっても保護者にとっても望ましいと考えます。

待機児解消は認可保育園の抜本的増設で

日本共産党区議団は、サテライト保育はあくまで緊急対策とし、恒久化することのないよう、そして、待機児解消は、認可保育園の抜本的な増設で行うよう求めています。

原発再稼働反対! さよなら原発 in 亀戸に参加

さよなら原発in亀戸さよなら原発in亀戸29月14日、亀戸中央公園で、「再稼働反対! 9・14さよなら原発大集会」が行なわれ、私も地域のみなさんと一緒に参加しました。

集会では、各地で原発反対の運動に取り組んでいる団体の代表の方や被災者の方のスピーチが行なわれ、その後、錦糸町と浅草・押上の2コースにわかれパレードが行われました。

安倍首相は、オリンピック招委員会総会で福島第一原発の汚染水問題で、「状況はコントロールされている」と大見得を切りました。しかし、実際には、汚染水漏れの原因もつかめず、地下水を汚染し、海にまで達しており、深刻な状況となっています。

東電の担当者が安倍首相のこの発言の後に「今の状態はコントロールできていない考えている」と発言し、政府と東電は打ち消しに躍起になっています。

集会では「コントロールできているのは情報だ」との発言がありましたが、国民や世界を欺く政府と東電の二枚舌は許されません。

福島原発の事故の収束もはかれていないのに、原発の再稼働、ましてや輸出などとんでもないことではないでしょうか。

長生きしてよかったと思える社会に 社会保障制度の改悪ストップを!

江東区では、9月10日、11日、12日の3日間、午前午後の6回にわたり、「敬老のつどい」を開催しました。私も、11日と12日の2回、参加をしました。

江東区の65歳以上の高齢者は、今年1月1日現在で約96000人。区主催の「敬老のつどい」は、75歳以上が対象で、約44000人の方にご案内をしています。昨年よりも約3000人増えているそうです。

区長は挨拶の中で、江東区が高齢者福祉に力を入れていることを強調し、区内14番目の特別養護老人ホームが現在建設中で、今年は15番目の特別養護老人ホームが着工することを紹介しました。

そして、冗談で、「でも、入らないでください」「入らないで元気でいた方がいいんです」と言いました。

もちろん、誰しも元気で長生きしたいと思っているはずです。しかし現実は、介護が必要な状況になる方がたくさんいます。

江東区では現在、特別養護老人ホームの順番待ちをしている方が、約22000人もいます。2年も3年も待たなければ入所できません。まだまだ特養ホームは足りません。

「自宅で最後を過ごしたい」「最後まで看取りたい」と思っても、重度の要介護高齢者を24時間、在宅で介護するのは大変です。家族も高齢の場合や働かなければ生活できないなど、施設入所を希望する理由は様々です。

また、施設によっては利用料が高いために、せっかく順番が回ってきても、断ってしまう人も少なくありません。

政府は今後、消費税増税を行なおうとする一方で、介護や医療、年金など社会保障制度の更なる改悪を行なおうとしています。

介護保険では、要支援1、2の軽度の要介護高齢者の介護を保険の対象外にすることや医療では病院のベッド数の削減、70歳から74歳の高齢者の医療費の窓口負担を現在の1割から倍の2割に引き上げることなどです。

医療も介護も受けないで元気に長生きできることは望ましいことですが、必要な人が必要な時に、お金の心配なく利用できることが、一番大切だと思います。

本当に、安心して「長生きしてよかった」と思える社会に!社会保障の改悪ストップ!です。


豊洲東京ガス跡地への築地市場の移転は中止を

築地市場移転反対集会 2013.9.79月7日、築地市場前で、築地市場移転反対の集会が行なわれ、参加しました。集会には、笠井あきら衆議院議員と吉良よし子参議院議員も参加し、スピーチを行ないました。

東京都は、築地市場を土壌汚染が深刻な豊洲の東京ガス跡地へ移転させようとしています。土壌汚染については、適切に処理するから大丈夫だとしていますが、日本環境学会の専門家などからは、都の対策は不十分だと指摘されています。

東京都はこれまで、有楽町層は水を通しにくいからそれ以下には汚染は広がらないと強弁し、調査すら行なってきませんでした。ところが、昨年9月、絞り込み調査で、その有楽町層から環境基準の1000倍ものベンゼンが検出されたことが明らかになりました。

また、東京ガス工場跡地には、8千本以上の木杭やコンクリート杭が埋まっており、その杭が、有楽町層を貫いているのではないかということも指摘され、市民団体は早くから情報開示を求めていました。東京都は、土壌汚染対策工事が始まってから、この杭の除去が予想以上に困難で、また、土壌の処理量が増えたということで、処理工事期間を1年延期。処理費用も86億円も増額しました。土壌汚染対策工事と移転費用は、4500億円を超えます。

集会では、水産仲卸業者の方が、今年行なったアンケートで水産仲卸業者の3分の1が移転できないと答えていると話しておられました。不況のおり、新たな設備投資など業者のみなさんにとっては大変な負担です。

移転を望んでいるのは、大手の事業者とスーパーなどの大手流通業者で、移転後は巨大な流通拠点へと様変わりしてしまうのです。

日本共産党は、大阪の例などを示し、現在地整備は可能だと主張してきました。莫大な費用をかけて、そして築地の文化を破壊してまで、土壌汚染が深刻な豊洲東京ガス工場跡地へ移転させる必要があるのか、疑問です。

集会を行ってる最中も、たくさんの外国人観光客の方が、築地市場を見に来られていました。今の築地だからこそ魅力があるのではないでしょうか。




Page: 1
TOPPAGE TOP 
RSS2.0