2012年6月

6月13日に本会議質問を行います

6月6日に区議会第2回定例会が告示され、13日と14日の2日間にわたり、本会議が行われます。

私、大つきかおりは、本会議初日の13日、日本共産党区議団を代表し、大綱4点について質問を行います。質問は、午後2時過ぎからの予定です。

質問項目は以下の通りです。

第一 「社会保障と税の一体改革」について                            

(1)消費税増税と区民生活への影響について                               

(2)消費税増税に頼らない財源確保策について

第二 子ども・子育て新システムについて                           

(1)公的責任の後退について                                  

(2)保育の質の低下について                                  

(3)保護者の負担増について                                   

(4)待機児解消について

第三 貧困対策について                                           

(1)「孤立死」問題について                                   

(2)生活保護制度について

第四 原発問題と放射能汚染対策について                       

(1)原発からの撤退と再生可能エネルギーへの転換について             

(2)江東区での再生可能エネルギー等の導入と省エネ対策について         

(3)放射能汚染対策について                                   

(4)原発被災者支援について

 

私の質問時間は、20分間の予定です。ぜひ皆さん傍聴にお出かけください。傍聴席へは、区役所5階からお入りください。どなたでもご自由に傍聴できます。

 


深川消防団操法大会を激励

消防団操法大会1消防団操法大会2










6月1日、深川消防団の操法大会が行われ、団員の皆さんの日頃の訓練の成果を拝見させていただきました。

火災などから住民の命を守るために、日々訓練を重ねている消防団の皆さん、本当にありがとうございます。

江東区では今年、被害想定の見直しとそれに伴う防災計画の見直しが行われます。

東京都の新たな被害想定では、東京湾北部地震が発生した場合、江東区のほとんどが震度6強、震度7の地震が発生するとの予測がなされました。

地震による建物の倒壊、火災による甚大な被害が発生します。

長周期地震動が発生すれば、新しいマンションでも大きな被害が発生しますし、ライフラインの寸断によって、住宅の被害がなくても、自宅での生活が困難になるかもしれません。

自分たち自身で備えをしておくことはもちろん大事ですが、避難所の整備、公共施設の耐震化、災害弱者対策は行政の責任です。

また、大きな被害が発生するとわかってながら、耐震性の不足する個人住宅の耐震化をすべて「個人の責任」だとしていては、なかなか進みません。

東日本大地震の教訓をふまえ、新しい科学的な知見を十分に反映した防災計画の見直しが求められていると思います。




Page: 1
TOPPAGE TOP 
RSS2.0