熱中症対策で江東区長に申し入れを行いました

(2018.08.07)

熱中症対策申し入れ.jpg今年は、気象庁が「命に関わる災害級の猛暑」と述べるように、連日の暑さによって熱中症の深刻な被害が広がっています。

江東区内でも、屋外で作業にあたっていたシルバー人材派遣センターの会員3名や体育館で部活動に励んでいた生徒を含め、現在では218名が熱中症対策によって医療機関に救急搬送されています。

気象庁などは積極的なクーラーの使用を呼びかけていますが、熱中症で死亡された方の中には、クーラーそのものを持っていないという方もいました。

経済的理由からクーラーの設置ができなかったり、電気代の心配からクーラーの使用を控えるなどは、命にも関わる問題で、行政としても対応が求められていることから、以下の5点について江東区長に対して申し入れを行いました。

(申しれ項目)

1. 暑さ指数計(熱中症計)を小中学校、幼稚園、保育園、福祉施設等への設置を支援すること。生活保護世帯には、配布するなど、普及を進めること。
2. 防災行政無線放送等を活用して熱中症注意報・警報の周知を図ること。
3. 区内小・中学校の体育館等にクーラーを設置する計画を立て、速やかに設置すること。
4. 国の通知により、生活保護受給者に対し保護開始時や転居の場合などに一時扶助によるクーラーの購入・設置を行えるようになりましたが、それ以外の生活保護受給世帯にも対象を拡大するよう国に対して求めるとともに、国が対象とするまでの間、区として支援を行うこと。また、夏季の冷房利用にともなう電気代相当額を支援すること。
5. クーラー未設置の低所得世帯へ設置補助を行うとともに、夏季の冷房利用にともなう電気代相当額を助成すること。



西日本豪雨災害の被災者救援募金の取り組み

(2018.07.15)

西日本豪雨災害でお亡くなりになった皆さんにお悔やみを申し上げるとともに、被災された皆さんに心からお見舞い申し上げます。

未だ行方の分からない方もいらっしゃいます。1日も早く発見されることを願っています。

連日の猛暑の中、家の片付けも困難を極めています。また、長引く避難所生活で、健康問題も心配です。

ボランティアに参加されている皆さんの中にも熱中症になってしまった方もいるとの報道もあり、元の生活を取り戻すまでには、相当な困難が予想されます。


西日本豪雨災害被災者救援募金.jpg
私たち日本共産党も、現地での救援活動を行うとともに、被災者の皆さんの実態や切実な声を国や自治体に届ける活動、そして全国各地で救援募金の呼びかけを行っています。

微力ではありますが、私も引き続き地域で救援募金の取り組みをしたいと思います。




















深川消防署有明分署の新庁舎落成式に参加しました

(2018.07.14)

本日は、深川消防署有明分署の新庁舎落成式に参加しました。

有明分署開所式1.JPG
有明分署建物図.JPG
有明分署概要図.jpg









有明分署は青海と有明を担当地域としますが、人口がどんどん増え、オリンピック・パラリンピックの会場を抱える地域の消防分署として、その役割は重要です。

ポンプ車1台、救急車1台が配備される庁舎と消防署員の宿舎を併設しており、地域の皆さんも活用できる防災教室も備えています。

映画『マルクス・エンゲルス』

(2018.06.04)

今年は『資本論』の著者カール・マルクスの生誕200年です。

岩波ホールで上映されているカール・マルクス生誕200年記念作品の映画『マルクス・エンゲルス」を観に行きました。(岩波ホールでは6月15日まで、その後全国で順次上映)

1840年代のヨーロッパでは、産業革命が生んだ社会のひずみが格差をもたらし、貧困が広がり、人々は人間の尊厳を奪われ、不当な労働を強いられていました。

映画では、当時まだ20代だったマルクスとエンゲルスが、資本家による搾取と不平等、不公正な社会に憤り、そして現実社会を変えていく事を決意し、その理論的指針となる『共産党宣言』を執筆するまでの姿が描かれています。

私は、大学で西洋史を専攻し、卒業論文では『イギリスにおける女性労働の歴史について』をテーマに取りあげましたが、当時の労働者の置かれている実態を克明に調査した
エンゲルスの『イギリスにおける労働者階級の状態』も参考にしました。

当時は、児童労働は当たり前。わずかな賃金で、女性も子どもも長時間働かされる。資本家は利益のためならなんでもする。労働者の権利など認められておらず、命すら顧みない。そんな時代でした。

現代では、日本では児童労働は認められていませんし、労働時間の規制や残業代も支払われるようになっていますが、今だに「長時間・過密労働」「過労死・過労自殺」が蔓延しています。労働者の賃金は低く抑えられる一方、大企業の内部留保は400兆円を超え、過去最高。

こんな状態なのに、安倍政権は、さらに長時間・過密労働、働かせ放題の高度プロフェッショナル制度や過労死ラインを容認する残業時間の設定など「働かせ改悪」を強行しようとしています。

無権利状態だった労働者が、労働時間の規制や休暇などの労働者の権利を勝ち取ってきたのは、労働者自身です。

物語終盤、マルクスとエンゲルスは「正義者同盟」(パリで結成されたドイツ人亡命者による秘密結社)の大会に参加し、「人類みな兄弟」をうたい、友愛や情に訴えれば、資本家が労働者の暮らしのことを考えてくれるかのようなことを主張する参加者に対し「万国のプロレタリアよ、団結せよ」と訴えたシーンが印象的でした。

大企業の利益最優先で、労働法制の改悪を強行しようとしている安倍政権に、「No!」の声を突きつけましょう!

豊洲北小学校の運動会を参観しました

(2018.06.02)

素晴らしいお天気の中、豊洲北小の運動会が開催され、私も参観させて頂きました。

児童の人数が多く校庭が狭いので、もう何年も前から入退場門も置けなくなってしまい、保護者の方々が我が子の写真を撮るための撮影場所も競技ごとに入れ替え制。そんな光景もあたり前になってしまいました。

それでも、子ども達の歓声、一生懸命な姿は変わりません。

元気いっぱい、練習の成果を見せてくれました。

IMG_8085.JPG
IMG_7702.JPG
IMG_7325.JPG

深川消防団 消防団長歓送迎会に参加

(2018.05.09)

深川消防団長歓送迎会
今日は、新旧の深川消防団長の歓送迎会に参加しました。

退任された小安団長は、豊洲町会長、豊洲地区町会・自治会連合会の会長も務めておられます。

消防団長の仕事と連合町会長の仕事と、大変なことも多々あったかと思います。

本当にお疲れ様でした。そして、それを支えて来られたご家族の皆さんもお疲れ様でした。



これからも消防団長OBとして、後進の指導にも当たられるとのこと。
どうぞよろしくお願致します。

また、新しく団長に就任された平山団長にお祝いを申し上げるとともに、町の防災にご尽力頂いていることに感謝申し上げます。




71回目の憲法記念日ー有明の憲法記念集会に参加

(2018.05.03)

今日は71回目の憲法記念日。地元江東区の有明防災公園で開かれた「9条改憲NO!平和といのちと人権を!5・3憲法集会」に参加しました。

2018憲法集会①
2018憲法集会②
自民党・安倍政権は今国会の会期中に憲法改正発議を行い、国民投票にまで持ち込もうとしている中での今年の憲法集会には、全国からもたくさんの人が参加しました。

いまの憲法は、「押しつけ憲法だ」とか言われるけれど、日本人がちゃんと国会で決めたもの。しかも中味は素晴らしい。世界の先進を行くもの。

「時代に合わない」と言う人もいるけれど、憲法にはあらゆる人権を守る項目が明記され、きわめつけは「幸福追求権」です。
憲法を具体化するのが法律です。私達が生活する上で不十分なこと、「これでは幸せでない」ということがあれば、政府にきちんと法律を整えさせれば良いのです。

2018憲法集会③
自民党の改憲の最大の狙いは、憲法9条を変えることです。
自民党の改憲案では、憲法9条1項、2項はそのまま残すとしていますが、新しい項目で「自衛の措置」を取るために「自衛隊を保持する」と明記。

「自衛の措置」には個別的自衛権だけでなく、集団的自衛権も含まれてしまいます。さらに、9条1項、2項の規定は、「自衛の措置を取ることを妨げず」となっていて、自衛隊が1項、2項の例外規定になってしまい、1項、2項が残されていても「死文化=空文化」され、結局、海外での無制限の武力行使に道を開くことになってしまいます。

安倍政権のもと、自衛隊の南スーダンやイラク派遣の日報隠し、決済文書の書き換え、データ偽装などなど、国民や国会を欺く政治が行われています。

国民にはきちんとした情報が知らされないまま、アメリカとともに海外での戦争を行う。こんな危険な事は無いのではないでしょうか。

世界に誇る憲法9条は、決して変えるべきではない、変えてはいけないと思います。戦争に備えるよりも、戦争にならないために備えることのほうが、賢い選択だと思います。
どこの国だって、自分たちの国や国民を守りたいと思っているけど、武力で真の平和はつくれない。武力は憎しみの連鎖を生み出すだけ。

政府には、軍事費に使うお金があるなら、教育や福祉に回せと言いたい。「対話は意味がない」と言って圧力をかけるかけ続けるだけでなく、もっともっと外交努力で、アジアの平和を構築して欲しい。



第89回メーデーに参加

(2018.05.01)

真夏のような暑さの中、今年も代々木公園で開かれたメーデーに参加しました。

安倍政権の公文書改ざん、隠ぺい、国政私物化、官僚のセクハラ問題など、次から次へと国会と国民を欺くひどい政治が明らかになっています。

このような政権のもと行われようとしている、憲法9条改悪や働き方改革がどんなにひどいものなのか、容易に想像がつくのではないでしょうか?

「9条改憲許すな!」「8時間働けば普通に暮らせる社会を!」「安部政権は直ちに退陣を!」参加者の皆さんとコールしながら恵比寿までパレードを行いました!


89回メーデー①
89回メーデー②

区民アンケートを実施しています

(2018.04.10)

日本共産党甲東区議団は、区民の皆さんの暮らしの実態や区政に対するご意見・要望をお聞きする「区民アンケート」を実施しています。

アンケートでは、子育てや住宅問題、高齢者や障害者施策、防災対策のほか、身近な街の改善要望などもお聞かせいただく欄を設けています。

お寄せいただいた要望は、議会で取り上げるとともに、区民の皆さんのご意見を活動に活かしていきたいと思います。

アンケート用紙は添付の封筒にお入れいただき、切手を貼らずに郵便ポストに投函してください。
江東区議団のホームページからも回答できるようになっています。

ぜひ、ご協力ください!

胃ガン健診に胃カメラの導入を!〜予算委員会で質問

(2018.03.25)

江東区では検診車でバリウムによる胃ガン検診を実施していますが、受診率が大変低いのが実態です。今年度からは、医療機関での血液検査によるピロリ菌の有無などを検査する「胃がんリスク層別化健診」も実施していますが、一般健診と同時に実施できることもあって、検診車での胃ガン健診の受診者数を上回る状況です。


江東区では胃ガンの死亡率が男性の場合、23区で6番目に高く、胃ガン検診の受診率の引き上げが必要です。


予算委員会では、医療機関でもバリウム検査ができるように検診方法を改善するとともに、目黒区や千代田区、杉並区では、胃カメラによる内視鏡検査も区の健診事業として実施をしていると指摘し、江東区でも胃カメラによる検診の実施を検討するよう求めました。

 

区は、「胃ガン検診の課題については認識しているが、医療機関でのバリウム検査については、現段階では実施に至っていない」「胃内視鏡検診については現在、江東区医師会と課題の洗い出しをしている」と答弁しました。



TOPPAGE TOP 
RSS2.0