区民アンケートにご協力ください

(2021.01.24)

第4回定例区議会の報告を行う、日本共産党江東区議団ニュース新年号をお配りしています。

今回の区議団ニュースでは、区民アンケートを実施しています。アンケートでは、都立病院の独立行政法人化や区政についてみなさんのご意見を伺っています。ぜひご協力ください。

東京都は、都立病院・公社病院を独立行政法人化(独法化)しようとしていますが、独法化されれば、採算が重視され流ため、感染症や難病医療、精神医療、周産期医療など不採算医療が維持できなくなり、都民の健康や医療を守れなくなることが懸念されます。

新型コロナの感染患者受け入れでも都立・公社病院は、重要な役割を果たしています。感染患者が増加して患者の受け入れが逼迫する中で、東京都は、都立広尾病院、豊島病院、公社荏原病院をコロナ専門病院に転換しましたが、都立・公社病院だからこそ実施できたのではないでしょうか。


2021年区議団ニュース新年号1面-1.jpgのサムネール画像
2021年区議団ニュース新年号2面.jpg

2度目の緊急事態宣言が発令されました。

(2021.01.07)

今日政府は、1都3県に緊急事態宣言を発令しました。東京都では、2447人の新型コロナの感染者が報告されました。
検査や医療機関への支援も充分に行わない一方で、Go To キャンペーンを進めて来た菅政権の無為無策の結果ではないでしょうか。

江東区は緊急事態宣言を受けて、区としての今後の対応方針を示しました。
以下主な内容です。

・区主催のイベントは延期、縮小等見直し
・区貸出し施設等の利用は20時までとし、すでに予約のある夜間の利用については自粛を要請する(キャンセル料は免除)
・学校、保育園等は運営を継続
・高齢者、障害者施設等への自粛要請は行わない
・区民へは20時以降の不要不急の外出自粛を要請する


新年おめでとうございます

(2021.01.01)

皆さん、明けましておめでとうございます❗️🎍🐮

新しい年が始まりました。コロナで大変な状況とは裏腹に、なんとも穏やかな元旦です。すでに生活にひっ迫している方、先行きに不安を感じている方もおられると思います。

今年は衆院選と都議選と2つの選挙が行われます。コロナ対策には無為無策、都立病院の独立行政法人化やカジノ誘致など国民・都民の暮らしを顧みない政治をなんとしても変えなければなりません。

「他人の痛みを我が痛みとし、謙虚に誠実に」を心に刻んで、微力ではありますが、安心して暮らせる社会の実現に、今年も頑張っていきたいと思います❗️どうぞ本年もよろしくお願いいたします😊

08059BB1-47F0-4D2A-BCB7-1358F8B03A9A.jpeg
       (新木場緑道公園からの日の出)

補正第5号を審査する予算審査特別委員会が行われました

(2020.10.07)


9月30日に、補正予算を審議する予算審査特別委員会が開催されました。
共産党議員団からは私、大つきかおりが委員として出席。持ち時間わずか15分という極めて短い時間でしたが、PCR検査の拡充、保健所体制の強化、国民健康保険料の減額免除制度の拡充について質問しました。
質問の概要をご紹介する区議団ニュース速報ができました。

2020.9.jpg

大つき 裏 2020.9. 裏面 jpg.jpg

2021年度予算編成に関する重点要望を行いました

(2020.09.17)


9月17日、区議団は山崎区長に対し、2021年度予算編成に関する予算要望を行いました。

2021年度予算への重点要望申し入れ.jpg

政府が日に発表した今年月から月期の国内総生産の改定値は、前期比7.9減、年率換算で28.1の減と、戦後最悪の下落幅は拡大し、日本経済はさらに落ち込んでいます。昨年10月からの消費税増税やコロナショックによって、家計消費は10ヵ月連続でマイナス、実質賃金もカ月連続でマイナスとなっており、区民や中小業者から「生活が苦しい」「商売を続けていけない」など悲痛な声が寄せられています。いまこそ、住民生活に一番身近な区政が、くらしと営業、命と健康を守る防波堤としての役割をしっかり果たすことが求められています。

区議団が行なった重点要望は下記の12項目です。

                   


2021年度江東区予算編成に関する重点要望



1.新型コロナウイルス感染症対策について、集団感染によるリスクが高い高齢者介護・障害者施設、保育園、幼稚園、学校等に勤務する職員や利用者等への定期的なPCR等検査を行うこと。

2.医師、保健師を増員し、保健所体制を強化すること。

3.新型コロナ感染症の影響で減収となる高齢者介護・障害者福祉事業所に対し、減収分を補助すること。

4.国民健康保険料を引き下げること。ひとり親家庭や多子世帯に対する保険料の負担軽減を行うこと。

5.江東区独自の持続化支援家賃給付金については、申請者の住所が区外にある場合や、親族間の賃貸契約についても対象とすること。また、申込期間を延長すること。

6.生鮮三品小売支援補助金の対象業種を拡大することとともに、店舗改修等の仕事は原則として区内業者を活用することを補助要件に明記すること。

. 区民施設の利用料は、値上げせずに据え置くこと。

8.学校給食費や教材費などを無償化すること。

9.認可保育園の整備目標を引き上げ、保育待機児を解消すること。また、保育士の処遇改善を図り、保育の質を確保すること。

10.庁舎窓口や文化センターなどの公共施設にヒアリングループを設置すること。また、失語症者に対する「意思疎通支援者派遣事業」を実施すること。

11.障害者の緊急一時保護事業を拡充すること。

12. 特別養護老人ホーム、グループホーム、認知症対応デイサービスの整備を促進すること。

以上

                                            



市民団体の皆さんと区長への申し入れ

(2020.08.26)

8月25日、江東区社会保障推進協議会や江東区政を考える会など、区内10団体の皆さんが、山﨑江東区長への「新型コロナウイルス感染防止対策に関する第2次緊急要望書」を提出。共産党区議団から、私、大つきかおりて、正保みきお議員が同席しました。総務部長と総務課長が対応しました。

要望書には、医療や介護、保育など、エッセンシャルワーカーへの定期的なPCR検査の実施、医療機関への財政支援、保健所の体制強化、新型コロナウイルスのPCR検査数などの情報開示、20人学級の実施や区内学生への支援、施設使用料20%値上げ中止など、各団体の皆さんの要望が盛り込まれています。

P1010824.jpg


豊洲駅前で定例の活動報告

(2020.08.07)

今朝は豊洲駅前出の活動報告。

新型コロナウイルス対策での区長への申し入れや核兵器禁止条約についてお話ししました。

豊洲駅前での朝の活動報告

区議団ニュース速報 No.6 が出来ました・・・PCR検査の拡大求め区長申し入れ

(2020.08.06)

区議団ニュース速報No.6が出来ました。PCR検査の拡大、区民への暮らしの支援の拡充を求めた区長への申し入れなどを掲載しています。(紙面をクリックすると拡大してご覧いただけます)


2020-08-07 13.14のイメージ.jpg
2020-08-07 13.15のイメージ.jpg

新型コロナウイルス感染急拡大への対応に関する申し入れ

(2020.08.03)

江東区でも新型コロナウイルス感染症に罹患する方が増加しています。
日本共産党は政府に対し、PCR検査の拡充を提言していますが、江東区としても検査の拡充や区民生活への一層の支援が求められていることから、区長に対して11項目の要望を行いました。申し入れについては以下の通りです。


江東区長 山﨑孝明殿

2020年8月3日

日本共産党江東区議団


新型コロナウイルス感染急拡大への対応に関する申し入れ


東京都内の新型コロナウイルス感染者は急拡大しています。本区でも6月には12名だった新規陽性感染者数は7月には162名に急増し、保育園や小学校、特別養護老人ホーム等で感染者が発生しています。

急激な感染拡大が、医療を逼迫し、救える命が失われることが強く懸念されています。感染の急拡大を抑止するためPCR等検査を大規模に実施し、陽性者を隔離・保護する取り組みを行うことが必要です。

また、未曾有のコロナ危機から区民のくらしと営業を守るため、区としてさらなる支援の拡充が求められていることから、以下の事項について申し入れるものです。

1.政府及び東京都に対し、感染状況を分析し感染震源地(エピセンター)を明確にし、そこに検査能力を集中的に投入して、大規模で網羅的な検査を行うよう求めること。

2. 区として、医療機関、介護施設、保育園、幼稚園、学校など集団感染によるリスクが高い施設に勤務する職員等への定期的なPCR等検査を行うこと。必要に応じて、施設利用者全体を対象にした検査を行うこと。

3. 感染状態の情報開示について、江東区では新規陽性者の公表に止まっていますが、すでに都内14区市では検査数、陽性率が明らかにされています。感染状態の開示はあらゆる感染対策の土台となることから、本区でも日ごとのPCR検査数、陽性率などを公開すること。

4. 感染拡大によって再び業務量が増加している保健所の体制を強化すること。

5. 国民健康保険傷病手当金については、給与所得者だけでなく自営業者やフリーランスにも対象を拡げること。国民健康保険料の減免措置に「雑所得」も加えるとともに、4000件を超える減免申請に対して速やかに審査・決定が行えるよう体制強化を図ること。

6. 江東区の持続化支援家賃給付金については、申請者の住所が区外にある場合も支給対象とし、申請期間をさらに延長すること。また、新型コロナウイルス感染症対策資金融資の金利負担を0(ゼロ)にするとともに、9月末までとなっている申請期間のさらなる延長を図ること。

7. 特別定額給付金の申請漏れが無いよう、特に障害者や高齢者世帯等に対しきめ細かく周知すること。

8. 介護・障害者等の福祉施設の減収分に補助を行うこと。また、障害者就労施設に対し仕事確保と工賃助成を行うこと。

9. 文化センターや区民館など公共施設使用料の20%値上げは中止すること。また、利用制限を踏まえ使用料の減額・免除を図ること。

10. 保育園での感染拡大防止と保育士の負担を軽減するため、保護者に登園自粛を要請すること。また、育児休業に関しては、復職証明書の提出期限をさらに延長すること。

11. 少人数学級の早期実現に向けて、教員と教室を抜本的に増やす予算措置等を講じるよう、国と東京都に求めること。当面、学校内で利用できる教室・施設を活用して少人数指導を推進すること。また、校内の清掃・消毒など感染防止に携わる人員を増配置し、教員の負担を軽減すること。

以上


各種証明書の手数料が無料になります

(2020.07.28)

江東区は、新型コロナウイルス関連の各種制度の手続きに必要な証明書類の手数料を無料とすることになりました。遅すぎる感はありますが、区民の経済的負担の軽減の観点からの実施なので良かったです。
実施は8月3日からです。

●対象証明書は、
①住民票の写し
②印鑑登録証明書
③特別区民税・都民税 課税証明書
④特別区民税・都民税 非課税証明書
⑤特別区民税・都民税 納税証明書

窓口・郵送請求する際に、原則、申請書に新型コロナウイルス関連にかかる制度名と必要書類・通数の記載が必要です。
*コンビニ交付、電話予約、申し出がなかった場合は対象になりません。
TOPPAGE TOP 
RSS2.0