「過労死防止法の制定を求める意見書」が採択されました

(2014.06.20)

6月11日(水)開催された区民環境委員会で、「過労死防止法を求める意見書」の提出を求める意見書が採択されました。5月の議会構成改定後、初めての委員会での採択は江東区議会としては稀なことですが、陳情者の熱心な働き掛けで結論が出されました。

 この法案は、国会では超党派の賛成で衆議院を通過し、今国会中には成立の見通しとの状況ですが、ここまでこぎつけた背景には「過労死」でお子さんや家族を亡くされた皆さんの、法の成立を求める粘り強い運動があり、区議会にも何度も足を運ばれて要請を受けたものです。

 委員会での報告でも、亀戸の労基署に訴えがあり、労災として認められたものだけでも300件を超えるとのこと。いまだ「過労死」がなくなるどころか、政府の提案する「労働法」の改悪では「残業代ゼロ」を含め、ますますの労働条件の悪化を招くものです。

まじめに頑張って働く人が命を落とす、こんな状況をなくさなければ日本の未来が開けません。

関連記事

  1. 国民権区保険料通知に問い合わせ2700件超
  2. 区民アンケートー現地調査をしています。
  3. 企業のもうけ優先で街が壊れるー建設委員会の視察
  4. 集合住宅の高齢化問題で質問しました
  5. H25年度補正予算特別委員会で質問しました
  6. 決算委員会で質問しました。
  7. 本会議で質問しました
  8. 国民健康保険料 値上げやめよ!
  9. 予算委員会で質問しました
  10. グランチャ東雲(児童と高齢者の施設)の竣工視察をしました
  11. 本会議での質問
  12. 本会議での質問

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「過労死防止法の制定を求める意見書」が採択されました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.jcp-koto.com/mt-tb.cgi/453

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0